波情報その確認の仕方からまいりましょう


『波情報の知識全般です』
波情報その確認の仕方からまいりましょう
聞いてみた!波情報におけるQ&Aです
波情報の厳選サイト集です(特徴とライブカメラなども)
メール送信フォームと相互リンク募集の要項など

波情報ではちゃんとコンディションなどを確認しないと!

当たり前ですが、波情報ではコンディションなどを確認しないといけません!(注意事項もたくさんあります☆)
こちらがわからないと意味が薄いものとなり、サーフィンでも苦労させられますよ、使い出しは特にね。
なぜならば、難しい専門用語がたくさんありこれがわかりにくいのです。

そのあたりを中心として、波情報その確認の仕方〜をお送りします。
サーフィンする人に知識全般ということで〜ここからスタートしてくださいませ。
[確認の仕方として必要最低限と思える専門用語のお勉強]
基本的にこのくらいは確認しておきたい。
「波情報」としてお送りしておりますが、その大事と言える部分は‘風’と‘盛り上がり’それだけ。
こちらを予測するのです。

コンディションでそれらの確認の仕方として「ショア」という言葉は覚えておこう。岸のことよ。
あとは「ウネリ」。これは海面の盛り上がりみたいなイメージ。
いずれも風の影響が大きいということが覚えておきたい注意事項です。
こちらは、波情報のコンディションなどでのその確認の仕方におけるサーフィンの大事なところ・・・
これはたとえばオフショアは岸から沖のほうに向かう風です。
オンショアは真逆で沖から岸のほうへ。
(サーフィンでコンディションが良好なのは概ねオフショアの時)

わかりにくい言葉なのが、真横からの風であるサイドショアでしょう。
なぜかショアが付いてるのに岸に関係ないし。。
これくらい確認しておけば波情報でコンディションなどは概ね読み切れます。ほんと!
注意事項などお送りしてまいりましたが、このようにその大事と言える部分は‘風’と‘盛り上がり’それだけ。
わかりにくい言葉をもし付け加えるならハイタイドとロータイド。これは満潮・干潮のことです。
極めて初心者向けとなりましたが…いっぺんに覚えさせるのも酷かと。
(わかりにくい割には貧弱なコンテンツだったかな!?)
そのへんはご愛嬌で。。是非とも叩き込んでおきたいものばっかりです。出かける前にコンディションはチェックしましょう。

波情報その確認の仕方からまいりましょう〜はここまで♪


『波情報の知識全般です』
波情報その確認の仕方からまいりましょう
聞いてみた!波情報におけるQ&Aです
波情報の厳選サイト集です(特徴とライブカメラなども)
メール送信フォームと相互リンク募集の要項など
© wave-knowledge.info